無料相談を予約 無料マネーbook
2021.12.15

子供の保険って入ったほうがいいの?

# お悩み相談
# 家計改善
上川原聖悟|サムネイル
writer
上川原聖悟

今後家族が増えるなどの理由から不動産を購入し家庭環境が大きく変化した方も多いのではないでしょうか。特にお子様が生まれ大きな嬉しさを感じる反面、収入や生活費の変化から今後に対し不安に感じる場面も出てくると思います。 小さなお子様ですと特にウイルス性の病気(麻疹や水痘、おたふく風邪やりんご病)にもかかりやすくなります。幼稚園など集団生活が始まりますので誰かからうつされてしまった等、病気にかかることも多くなります。そこで今回は特にお子様のお身体に関する保険について共有いたします。

 

子供の保険、加入のときに検討すべきことは?

お子様の保険に加入する上で何から検討していくと効果的なのでしょうか?

そのためにまずはお子様に関する制度について説明します。

 

・公的医療保険 まずはみなさんが受けることができる社会保障の観点から、小さなお子様(小学校入学前)だと公的医療保険が適応になります。 普段私達大人は病院でかかった費用の3割を負担していますが、お子様の場合2割負担になります。

・自治体による助成金制度 地域の子育て支援のため医療費の助成制度が設けられている場合があります。

 

例えば東京都では、

・義務教育就学前の乳幼児に対して医療費や薬剤費の助成 ・義務教育就学時の児童に対して自己負担金上限200円で入院費用の助成。

 

神奈川県では、

・0、3歳から小学3年生に対して医療機関の支払い自己負担なし このように地域によって制度や内容が違いますので、ぜひお住いの自治体に確認をしてみてください。 上記の制度からご家庭での医療費の負担が少ないため、「保険に入らない」という選択もすることができます。

※ただし公的制度ではまかなえない部分もあります。

・個室にしたい場合のベッド代 ・食事代 ・交通費 ・先進医療など保険適応外の高度な治療 またお子様が通院・入院する事になった場合、一人では生活することができませんので親御様の働き方も変える必要があり、収入が減ることも考えられます。また医療費の支払い以外にも生活費を少なくしたり、預貯金を使わざるを得ない場合もあります。

上記の部分は公的制度が使えない部分ですので、万が一に備え「保険に入る」という選択をすることもできます。

ここまでは医療保険に絞って書いてきましたが、一概に保険と言ってもたくさんの種類があります。 保険と聞いて思いつくものは何でしょうか?

・入院や手術に備える医療保険

・学資目的の積立保険

・万が一の死亡時に備える生命保険etc.

それぞれ「なぜ入るのか」目的が重要になります。

 

お子様の保険に加入する目的をいくつか例に挙げますと・・・

・お子様が小さいときから将来の教育費用をためておきたい

・学校などで怪我や入院が心配 etc. →お子様の年齢や環境によっても必要な保障が変わってきます。 今後成長するにつれて、習い事や塾などのお金が必要にもなっていきますので、生活に支障をきたすことがないような料金で考えることが重要です。

 

また、最近のトレンドだと、祖父母から孫へのプレゼントとして生涯の保険料を一括で支払うなども増えてきています!

 

☆加入する際のポイント

期間を決めること(目標までの短期なのか、大人になった後も続ける長期的なものなのか)

受け取れる保険金の額(制度や助成金を加味したもの)

保険料(生活に負担のない金額設定になっているか)

効果的な加入かどうか?

 

さいごに

お子様に必要なお金を考えると思い浮かぶのは教育費の面ではないでしょうか? 実はお子様が誕生されてから保育園に入るまでの期間に関しても意外とお金がかかってくるものです。 お子様に関する保険については正解があるわけではありません。 制度の期間中は入らずに、制度終了に合わせて保険に加入しようというご家庭もいらっしゃいます。お子様の保険を考える上で大事になるのは、なぜ入るのかという「目的」です。 また不動産購入や住宅ローンを組むなど、ご家族のライフスタイルの変化をきっかけに保険の見直し等することも推奨しております。 なんとなくではなく、ライフプランシミュレーションを通して今後のお子様と叶えたい夢やご家庭での目標を一緒に考えてみませんか? お子様、ご両親様の保険の見直しや保険に効果的に入っているのかどうか等、いつでもお手伝いいたしますのでお気軽にご連絡ください。

この記事を書いた人
上川原聖悟
新卒でFPになりました。 FPになった経緯は、インターン参加時にFP皆さんがお客様が幸せになることを第一に考えている姿を...
この記事をシェアする
  • アイコン|LINE
  • アイコン|FaceBook
  • アイコン|Twitter
コンタクト|背景画像

住宅購入前後のお金の悩み
お気軽にご相談ください。

  • バルーン
    アイコン|チェック
    サービスがどんなものかを知りたい
  • バルーン
    アイコン|チェック
    どんな効果があるのか気になる
  • バルーン
    アイコン|チェック
    誰に相談すれば良いかわからない